ストーリー

リアル店舗を持つ意味

お店開店から1ヶ月

多くのお客様にご来店いただき、楽しい毎日を過ごしています。

ほんの一部だけど、来店してくれた友人知人の写真をupします

何年もネットだけのやり取りをしていた人や、長年のお付き合いのある人

お祝いのお花がたくさんあるので花屋さんと間違えて入って来られる方も結構いました‼︎(^^;

もともと店を持つことはなんの予定にもなく、ラフォーレ原宿内の委託店が急にクローズしたことに端を発してるんだけど、その話はぜひ本で読んでいただくとして。。

今回は1ヶ月目にお客様に言われた嬉しい出来事を書きますね。

店は借りているので、当然賃料がかかります。

店舗なので、契約時には10ヶ月分を一度に払うわけです。

準備をしている1ヶ月の間も当然支払います。

オープン1ヶ月で、すでに12ヶ月分‼︎(*_*)

家賃の他にも経費はかかり続けるし、銀行からの借り入れもあるので、実店舗ってなかなかシビア💦

だからオープン前から、

「なぜネットの時代にリアル店舗を持つリスクを!?」と

心配してくださる方々もいました。

実際にオープンまでに、高級国産車が新車で買えるほどつかったので、勢いで始めたはいいけど、内心ビビりまくり!( ̄▽ ̄;)

個人のハンドメイダーが、店を持つ意味ってなんだろう⁇なんて考えてもいました。

あの日、閉店間際にいらした女性

私より少し年上といった感じでした。

黒いハットをかぶり、お洋服も全て黒

でもアクセサリーは全くつけていませんでした。

その女性が店内を見ながらしきりに「楽しい、楽しい」とおっしゃるのです。

bon bon cherryのアクセサリーを試着しながら、

「私も昔はカラフルなものが好きだった」

「ダメね、周りに合わせてばかりじゃ…」

「ここのアクセサリーを着けると浄化される!」

とまで言って頂き、

「どれが似合うと思う?」

とアドバイスを求められたので、ひとしきりお勧めすると

複数個お買い上げくださいました。

更にオーダーまで頂き、

しきりに「ありがとう、ありがとう」を繰り返されるのです。

喜んでいただけて何よりだと思っていると、帰りがけにその女性が、

「自分を取り戻した」

とおっしゃいました。

(自分を取り戻した⁉︎)

その言葉に私が衝撃を受けました。

誰かの気分や感性に影響を与えた。

喜んで頂くお手伝いができた。。

そして実店舗を持つ意味はまさにこれだ、と思えたのです。

作る人間が直接お客様に会うことができて、こんな関わりが持てるのは、店というリアルがあるから。

オープンちょうど1ヶ月目のこの日、店を持って良かった、意味があったと強く思うことができました🍒

長くなりました。

こんな感じで2ヶ月目も頑張ります。

皆さん、どうぞ遊びに来てください。

そして色々とお話を聞かせて下さいね!待ってます(╹◡╹)

ハイジ