一般的なタイプとカードキー

鍵

マイホームを建てる時、賃貸物件を借りる時に、迷うこととして鍵をあげる人もいるでしょう。玄関の鍵のタイプにはいくつかの種類があります。どのタイプを選ぶかによって利便性や防犯性が大きく異なるために、どれを選んだいいかと迷います。よく利用されているタイプとして、一般的なカギ穴にキーを差し込んで開閉するタイプと、磁気で施錠したり開錠したりできるカードキーがあります。一般的なタイプであれば、金属なので落としたときに音で気づける、紛失しても合鍵を作りやすいなどの利点があります。ただ、ピッキング被害に遭いやすいですし、古くなるとサビやゴミなどによって施錠や開錠がこんなになるケースもあります。カードキーであれば、複製がしにくく、ピッキング被害に遭いにくいので、防犯性が高いです。また、カードを近づけるだけで開閉が可能なので、両手がふさがっている状態でも施錠や開錠ができます。また、カードであることで、携帯に便利というのも利点でしょう。通常のキーは金属製なので厚みもありますし、さらにキーホルダーなどを取り付けていると、邪魔だと感じることも多いです。しかし、カードであれば、財布の中に入れておくこともできて、邪魔だと感じることはないでしょう。このように、それぞれに利点と欠点があります。色々なシチュエーションを想定して、自分に合った鍵を選ぶことが大切です。

オートロックの利点と種類

鍵

マンションなどでは、オートロックの物件を選びたいと考えている人もいるでしょう。オートロックの物件は、自分の部屋の鍵だけでなく、建物内に入る玄関にも鍵があります。二重に鍵がついているため、とても防犯性が高いです。生活する場所に入れるのは、基本的には住居者のみとなるので、不審者が部屋の周りをうろつくというような心配がありません。訪問販売との対応も、建物内に入るための玄関先でインターフォンを使ってのやり取りとなるので、関心がなければ切るだけで対応可能です。このように、オートロックは防犯性がとても高いため、部屋にいれば安全という安心感も得られるのが大きな利点です。ただ、このオートロック式にも色々なタイプがあります。共有の玄関を一つの鍵で開けることができる集合キー、暗証番号を入力するタイプ、カードタイプもあります。最近では、指紋認証のところも増えてきています。それぞれに欠点もあるので、よく理解したうえで選びましょう。集合キーは、一般的な鍵と同じなので複製やピッキングのリスクがありますし、暗証番号は何度も間違えると開けることができなくなります。カード式は紛失すると再発行が面倒ですし、指紋認証は肌の状態が変わると上手く認識しないこともあります。欠点をよく把握してから、納得できるタイプを選ぶようにしましょう。

広告募集中